ホームページ 最新情報 アーティスト タイムテーブル ステージマップ ホテルと交通アクセス チケット
ENJP
最新情報
2019.06.26

ラインナップ第四弾!発表!

シャウトアウトフェスラインナップ第四弾は

この前発表した後にすぐ話題騒然になり、巷で大騒ぎを起こしたイギリスの伝説の シューゲイズバンド Swervedriver(UK)のほかに、 Shout Out Festival 2019のラインナップ第四弾には台湾ビールが夢に出てくるほど恋しい日本からの icon girl pistols(JP)、そして台湾ローカルの実力派バンド数組、楽しくて騒がしい大人数編成の台湾 Ska Punkの王者 「瑪莉咬凱利」、正真正銘の台湾語ロックバンド 「夕陽武士」、 府城の牛肉出し汁がベースの台湾スタイルラップ 「榕幫」、頭を上げて靴を睨まなくても音割れが良く分かってる 「晨曦光廊」そしてニュースーパースター卡哥がカッコイイ 「渣泥」、いろんなジャンルの音楽が 六福村テーマパークにて大集合して、期間限定のバンドユートピアとなる。

時間があっという間に過ぎてゆく、イベントが始まるまであと二っか月強、七月に入ったら、毎週の水曜日でラインナップが次々と絶え間なく発表される、その隙に交通アクセス、エリアマップ、オフィシャルグッツなどの重要情報も続々と公開します。皆さんが一番気になっているプログラムは八月中旬で公開する予定です。

初めて開催されるシャウトアウトフェスには五つのステージがあり、厳選した世界中のバンドを60組に「ウォーターランド」オリジナルの躍動的なショー、量よりも質が大事、ショーがどれもこれも素晴らしい。

ただいまシャウトアウトフェスの前売り通し券「早鳥套票」が BookLifeにて独占販売中、前売り期間中には一日券の提供がございません。前売り通し券が完売した場合、イベント当日でも会場には当日券の発売がございませんので気を付けてくださいね。貸し切りイベントなので、イベント期間中にはシャウトアウトフェスのチケットを持つ方のみで 六福村テーマパークに入場が出来ます。「ウォーターランド」から「動物園」まで、全エリアが解放され、メンテナンス中以外の全アトラクション施設が全部全部遊べます。遊びながら音楽を楽しむ、音楽を聴きながら遊ぶ、唯一無二ココだけの音楽祭体験、厳選した一万分の六十のプログラム、初めて来台する海外バンドが数組、全部全部シャウトアウトフェスにだけ。