ホームページ 最新情報 アーティスト タイムテーブル ステージマップ ホテルと交通アクセス チケット
ENJP
アーティスト

八十八顆芭樂籽

八十八顆芭樂籽は、1996年のエープリルフールに結成された。その音楽は、シングルモルトウィスキーのような、濃い純粋なパンクである。ライブは素晴らしく、ユーモア感も100点であり、笑いであなたの一つ一つの毛穴を開かせてしまい、200点のリズム感がその開いた毛穴を埋め、聞いた後気分爽快になることは保証する。彼らは一箱のチョコレートのようであり、あなたは永遠に次に何を食べられるかを知らない。唯一確定していることは、あなたの血を沸かすのでは無く、熱い涙を流させるのである。

八十八顆芭樂籽の魅力は、気取らないことであり、率直に全ての考えを表現することだ。何故この歌を書くのか?何故ならば書きたいからだ。何故この歌を歌うのか?何故ならば歌いたいからだ。彼らは既に成熟していて、いたずら好きな大きな子供であり、パンク精神を以って生活中の茨の道を切り開き、振り返って醜い顔をして見せるのだ。

動物園のアルパカ区を一回りしてみれば、本当に怪物よりもっと格好の良いことが誰にでも分かるし、猛獣区に至ってはもう言うことも無い。ブロッコリーが入っているアラディンレストランのカレーをあなたが食べなくても、國王烤雞も悪く無いので大丈夫だ。遊園地内には各種のグルメがあって、新たな、または昔からの友達と騒がしくて高カロリーのパーティを開くことができる。

遊園地内でのロックフェスティバルは夢であって、遊園地内で八十八顆芭樂籽に会うのは更に求め難いことだ。こんな夢のような機会をみすみす逃してはいけない。シャウトアウト フェスティバルではあなたは成熟した大人になることもでき、また幼稚な餓鬼になることもできる。何が成熟した大人なのか?以下の例を参考にしてみよう。

(ライブを見る他に、遊園地施設を遊びまわるのを最も期待していた)
スタッフ:すいません、ジェットコースターは一日メンテナンス中です!
あなた:OK,分かりました。

〈比獸還帥〉