ホームページ 最新情報 アーティスト タイムテーブル ステージマップ ホテルと交通アクセス チケット
ENJP
アーティスト

Duda Deportiva

2011年に成立したDuda Deportivaは、直訳するとスポーツパズルとなり、「デュダ・デポティバ」と読む。バンド名はスペインのスポーツ精神から取られている。これのスポーツ精神では、スペインの子供達の一人一人は、まだ物事も良く分かるようになる前に、自分の属するサッカーチームを選ばなければならず、勿論このチームが勝とうと負けようと熱烈に支持しなければならない。

ボーカルのChema Gonzalezはスペイン人で、ギタリストのMichiiは日本人、ベーシストの大麻は1976バンドのギタリストである。またドラマーの陳翰は熊寶貝、雨國、台北公案等のバンドに同時に属して居る。Duda Deportivaは、スペイン、日本、台湾のミュージシャンを結集し、音楽に国境は無いという理念を体現している。

ブリットロックの風格に溢れ、全ての歌がスペイン語で書かれており、明快なリズムのドラム、豊満なベースとギター、時には軽快に、時には深い情感を湛える。2015年の地下社會閉店事件に絡み、制作が行われたアルバム《你和我對抗鄰里》に続いて、2017年に毎月一曲新しい歌を書くという計画が実行され、サイエンス・サイケディリックな感じに溢れたアルバム《Artefactos - 遺物》を発表した。このアルバムは第8回金音獎で〈最佳樂團獎〉を獲得することによって肯定を受けた。

洞窟を横切り、高い空から突然飛び降り、またすぐにもっと高い起伏があって、そのようにしてクライマックスが起こされる場所へと向かって行くのは、火山の探検だけに出現するのでは無く、更にDuda Deportivaのパフォーマンスにおいての完璧な解釈でもある!

〈LA TAXONOMÍA DE ROBERT TUCKER〉

https://www.facebook.com/dudadeportiva/