ホームページ 最新情報 アーティスト タイムテーブル ステージマップ ホテルと交通アクセス チケット
ENJP
アーティスト

Swervedriver

My Bloody Valentine、Slowdive、Ride、The Jesus、Mary Chainのような古典的なシューゲイザーと同系統であり、クリエイションレコード傘下の代表的バンドで、30年間の活動歴を擁する。イギリスオックスフォード出身の伝説的なバンドSwervedriverの現在の陣容は、オリジナルメンバーであるボーカルのAdam FranklinとギタリストのJimmy Hartridge、それにドラマーのMikey Jones、ベーシストのMick Quinn(SupergrassのあのMick Quinn)である。

1991年Swervedriverは、Oasis、Primal Scream、My Bloody Valentine、The Jesus and Mary Chain、Slowdive、Ride…などを育てた伝説的クリエイションレコードよりファーストアルバム《Raise》を発売した。セカンドアルバム《Mezcal Head》はPitchforkによりシューゲイザー歴史の中でトップ10に選ばれた。続いて発売された《Ejector Seat Reservation》《99th Dream》の後、Swervedriverはメンバー間の理念の違いにより、解散を宣告する。数年間の沈黙の後、2008年ついに正式復活となり、2015年ついに17年ぶりの5枚目のアルバム《I Wasn't Born to Lose You》を発行した。他のシューゲイザーバンドと異なる特徴は、よりアグレッシブなギターサウンドの壁と、歌詞の中に見られるより強烈な政治イデオロギーへの意識形態である。例えば、2019年MogwaiのレーベルであるRock Actionから発行された、最新のアルバムである《Future Ruins》では、歌詞の中にヨーロッパやアメリカの政治に対する不満と批判が非常に多く見られる。アルバム同名曲である〈Future Ruins〉での初めの歌詞では、「自分たちは馬鹿者によって支配されている。全てのものが未来の残骸に変わり、国王は狂ってしまった。」と歌っている。

近年では、Primavera Sound等の大型ロックフェスティバルに出演し、シューゲイザーの復興の波に乗っている、復活したSwervedriverは、台湾での初公演として最新アルバムのジャケットと同じ、遊園地にて開催されるシャウトアウト フェスティバルを選んだ。シャウトアウトの「鷲」から発せられる巨大な音響はあなたの耳を直撃し、夜の闇のなかを旋回するであろう。

〈Duel〉

https://www.facebook.com/swervedriverofficial/