ホームページ 最新情報 アーティスト タイムテーブル ステージマップ ホテルと交通アクセス チケット
ENJP
アーティスト

The fin.

日本神戸出身のThe fin.は、2014年にファーストアルバム《Days With Uncertainty》 をリリースしたアルバムの中で、レトロなエレクトロニックメロディーと欧米のインディーロックを組み合わせ、その上に流暢な英語の歌詞、日本の若者の幻想、組み立てられたSynthpop、Chillwave、これらの全ての美しい要素を加えた結果、すぐに世界中の音楽ファンの注目を引くこととなった。その後、《Through The Deep》EP中の「Through The Deep」(アルバムのタイトルと同名の歌)のMVでは、台湾の俳優姚愛寗をヒロインに招いた。世界の遊園地のシーンの終わりのような怠惰なサイケデリックなリズムは、美しいコントラストを伴い、すぐに話題となった。

The fin.は2018年に2枚目のアルバム《There》をリリースした。ロンドン滞在の彼らは、The Great Escape、SXSWから招かれ、また同時にFuji Rock、Summer Sonic、Countdown Japan…等のロックフェスティバルの常連である。今年発行の最新リミックスEPでは、Of Mentrealと共同制作を行い、4月にはWild Nothingと東京、京都のツアーを行った。

The fin.の歌は、月光の下での青い海、春に満開になったピンクの桜のようにも聞こえ、あなたを美しい夢へと導くだろう。以前の台湾公演では、その殆どがソールドアウトし、チケットが非常に手に入れにくいThe fin.は、台湾でのロックフェスティバル初公演をシャウトアウト フェスティバル2019に捧げることとなった。彼らのロマンと夢を期待しないではいられない。

〈Through The Deep〉

https://www.facebook.com/ThefinMusic/